工具袋のサイズ選び

工具袋には、たくさんのサイズがあります。工具袋を選ぶうえで真っ先にしなければならないのは、やはりそのサイズ選びになるのではないでしょうか?それでは、たくさんのサイズがある工具袋の中から、どのサイズのものを選ぶべきなのでしょうか?やはり大きなもののほうがたくさんの工具が入るからいいという考え方もあると思いますが、一概に大きければよいというわけではありません。

例えば、大きな工具袋を購入したはいいものの、必要な工具が1種類や2種類だった場合、その工具袋はブカブカになってしまう可能性があります。そうなると、袋から工具が落ちてしまう可能性が出てきます。また、工具がそんなに必要ないのに大きな工具袋を購入してしまうと、単純に動きづらいという考え方もあるのではないでしょうか?

反対に小さなものを購入してしまうと、逆に必要な分だけの工具を入れることができません。そのため、まずはどの程度の工具が必要なのかを把握したうえで工具袋を購入するようにしましょう。また、現場に合わせて必要な大きさの工具袋を替えるというのもよいのではないでしょうか?複数の工具袋があれば、どの現場にも対応することができます。